<< 2020 新進気鋭作家展に寄せて | main | 出品作家 御嵜翔太郎 ごあいさつ >>

出品作家 小田中めぐみ ごあいさつ

0

     この度は、初めての個展を望外にもこのような機会で頂戴し、嬉しさとともに驚きを隠せずにおります。今日まで制作できたことは多幸であり、展示される作品は、支えてくださった多くの友人、恩師、家族、また大田原市の皆様のお力添えがあって作り上げられてきたものです。

     

     まずは、心よりの感謝を申し上げます。

     

     私の作品は、『日本画』、『抽象画』と分類されますが、私自身が自分と向き合うためのツールであり、自身の記録としての形跡でしかありません。私は、日々のことを振り返りながら模様に込めて描く行為を大切にしています。そうすることで、意識的だけではなく、自身でも気づかない無意識の感情や思考も影響を与えながら抽象として作品の中に表現され、自分自身が記録されると考えています。

     

     この展覧会は、いうなれば、私の10年間の記録、軌跡となります。

     

     お恥ずかしながら、私自身が未熟なためまだまだつたない作品ではありますが、一人でも多くの方々に心に残るひと時となれば幸いです。

    2020年

    小田中 めぐみ

     

    I was unexpectedly given the opportunity for my first solo exhibition which was a greatful surprise for me.

    We are very fortunate to have been able to create the works until today, and the works on display have been created with the support of many friends, teachers, and family members, as well as the people of Ohtawara City.

     

    First of all, I would like to express my sincere gratitude.

     

    My work can be categorized as "Japanese painting" or "abstract painting", but it is only a tool for me to confront myself and a trace of my own record.  I cherish the act of looking back on each day and drawing with patterns in mind.  In this way, I believe that not only the conscious but also the unconscious feelings and thoughts, which I am not aware of, 

    can be expressed in the work as an abstraction and recorded as my own.

     

    This exhibition is, in other words, a record of my ten years of work and its trajectory.

     

    I am embarrassed to say that my work is still in its infancy, but I would be happy if it could be a memorable moment for many people as possible.