<< 出品作家 小田中めぐみ ごあいさつ | main | 小田中めぐみ 出品作品 >>

出品作家 御嵜翔太郎 ごあいさつ

0

     山をテーマに制作しています。山の姿は、少し離れていなければ見ることができません。気分や気象によって、山は遠くに、近くに、時に鮮やかに見えます。このように、山は眺めている人の心を受け入れるかのように表情を変化させるように思います。

     今も昔も、世界中の色々な気持ちを抱えて生活する人を見守り、寄り添いながら独り黙々と立ち続ける山。自分の彫刻もこの山のように、見る人の心に優しく強く立ち続けるものでありたいと思います。そして私自身はそんな山に近づき、登り、降り、峠を超えて、これからも新しい山にアタックし続けていきます。

     山はこういう彫刻でありたいという理想であると同時に、私自身の目指すべき場所、超えるべきものなのです。今自分は真っすぐ正しく生きているだろうか、自分の在り方はこれでいいのか。古代から人間の様々な営みを黙して見続けてきた山に、鑿を介して問うことが私の作品制作です。

    2020

    御嵜翔太郎

     

    I am working on the theme of mountains. You cannot see the mountain unless you are a bit far away. Depending on the mood and weather, we see the mountains far, near and sometimes vivid. Thus, I think the mountain changes its look as if it accepts the heart of the person watching.

    A mountain that continues to stand alone and quietly, watching people living with various feelings from all over the world. I want my sculptures to stand gently and powerfully in the heart of the viewer, like this mountain. And I approach such mountains, climb, descend, cross the pass, and continue to challenge new mountains.

    The mountain is the ideal place for my sculpture, and also the place I want to go and what I want to go beyond. Are we now honestly living, or are our actions correct? My work is to ask, through a chisel, to the mountains that have been silently watching various human activities since ancient times.